事業・プロジェクト紹介

公募型共同研究

情報・システム研究機構データサイエンス共同利用基盤施設は、大学等におけるデータ駆動型学術研究(データサイエンス)の推進を通じて科学の発展や社会のイノベーションに資することを目的に、平成28年4月に新設した組織であり、6センターの体制で大規模データの共有とデータ解析を支援する事業を進めています。
平成29(2017)年度からは本事業の一環として、全国の研究者等に広く共同利用/共同研究の機会を提供するため、「ROIS-DS-JOINT」として、毎年共同研究課題の募集を行なってまいりました。
(公募型共同研究の詳細こちらをご確認下さい)

社会データ構造化センターが受け入れている公募型共同研究一覧(所属・職位は採択当時)

2021年度

研究代表者 所属・職位 課題名 受入教員
鄭躍軍 同志社大学/文化情報学部/
教授
継続的国際比較調査データの二次分析と公開方法の実証的検討 前田忠彦
吉野諒三 同志社大学/文化情報学部/
特別客員教授
意識の国際比較データの公開と個人情報保護のあり方に関する国際連携研究 前田忠彦
賀茂道子 名古屋大学/大学院環境学研究科/特任講師 社会調査データを活用した戦後国民意識と占領改革の関連性の歴史学的検証 前田忠彦
立川雅司 名古屋大学/大学院環境学研究科/教授 社会調査データを活用した戦後国民意識と占領改革の関連性の歴史学的検証 前田忠彦
針尾大嗣 津田塾大学/経営学部/教授 定性的情報の可視化研究に基づく社会データ利活用のためのデータライフサイクルマネジメントの検討 前田忠彦
伊藤伸介 中央大学/経済学部/教授 大規模データの利活用に関する方法的な可能性についての実証研究 南和宏
金井雅之 専修大学/人間科学部/教授 ウェルビーイングに関するアジア8ヶ国での国際比較インタビューデータの整備と公開 前田忠彦
梶山朋子 広島市立大学/情報科学研究科/准教授 色彩からの感情推定による情報推薦 越前功

2020年度

研究代表者 所属・職位 課題名 受入教員
鄭躍軍 同志社大学/文化情報学部/
教授
継続的国際比較調査データの二次分析と公開方法の実証的検討 前田忠彦
吉野諒三 同志社大学/文化情報学部/
特別客員教授
意識の国際比較データの公開と個人情報保護のあり方に関する国際連携研究 前田忠彦
金澤雄一郎 国際基督教大学/教養学部/
教授
組織において信頼されることの文脈に沿った理解:国際共同研究 前田忠彦
賀茂道子 名古屋大学/大学院環境学研究科/特任講師 社会調査データを活用した戦後国民意識と占領改革の関連性の歴史学的検証 前田忠彦
小舘亮之 津田塾大学/総合政策学部/
教授
多次元尺度法を用いたオープンデータ・ビッグデータからの消費者感性情報の抽出とマーケティングへの利用研究 前田忠彦
伊藤伸介 中央大学/経済学部/教授 データ構造から見た公的統計ミクロデータの利活用のあり方に関する研究 南和宏
Masayuki Kanai Senshu University/School of Human Sciences/Professor ウェルビーイングに関するアジア8ヶ国での国際比較インタビューデータの整備と公開 前田忠彦

2019年度

研究代表者 所属・職位 課題名 受入教員
深田秀実 小樽商科大学/商学部社会情報学科/教授 観光地でのビックデータ活用による「観光防災情報プラットフォームの整備」に向けた研究 小出哲彰
渡部諭 秋田県立大学/総合科学教育研究センター/教授 犯罪統計データの解析法の開発とオープンデータに向けた検討 吉野諒三
鄭躍軍 同志社大学/文化情報学部/
教授
継続的国際比較調査データの二次分析と公開方法の実証的検討 吉野諒三
賀茂 道子 名古屋大学/大学院環境学研究科/特任講師 社会調査データを活用した戦後国民意識と占領改革の関連性の歴史学的検証 前田忠彦
金澤雄一郎 国際基督教大学/教養学部/
教授
組織において信頼されることの文脈に沿った理解:国際共同研究 吉野諒三
Masayuki Kanai Senshu University/School of Human Sciences/Professor アジア7ヶ国で実施したウェルビーイングに関する国際比較調査データの一般公開に向けたデータと関連文書の整備 前田忠彦
小舘亮之 津田塾大学/総合政策学部/
教授
多次元尺度法を用いたオープンデータ・ビッグデータからの消費者感性情報の抽出とマーケティングへの利用研究 田中康裕
伊藤伸介 中央大学/経済学部/教授 データ構造から見た公的統計ミクロデータの利活用のあり方に関する研究 南和宏
梶山朋子 広島市立大学/情報科学研究科/准教授 多データの構造化と多面的な検索を支援するインタフェースを応用した横断検索システム 小出哲彰
河野憲嗣 大分大学/経済学部/教授 大分県におけるインバウンド観光客の動線分析 小出哲彰

2018年度

研究代表者 所属・職位 課題名 受入教員
Masayuki Kanai Senshu University/School of Human Sciences/Professor Harmonization and Documentation of International Survey Data on Wellbeing in Seven Asian Countries for Publication 前田忠彦
渡部諭 秋田県立大学/総合科学教育研究センター/教授 犯罪統計データの解析法の開発とオープンデータに向けた検討 吉野諒三
陳艶艶 福岡工業大学/社会環境学部/助教 調査データに基づく環境配慮行動のパターン解析とモデル化 吉野諒三
深田秀実 小樽商科大学/商学部社会情報学科/教授 観光地でのビックデータ活用による「観光防災情報プラットフォームの整備」に向けた研究 小出哲彰
伊藤伸介 中央大学/経済学部/教授 データ構造から見た公的統計ミクロデータの利活用のあり方に関する研究 南和宏
河野憲嗣 大分大学/経済学部/教授 大分県におけるインバウンド観光客の動線分析 小出哲彰
堂免隆浩 一橋大学/大学院社会学研究科/教授 自治体連携型調査システムの開発とその成立条件に関する研究 前田忠彦

2017年度

研究代表者 所属・職位 課題名 受入教員
Masayuki Kanai Senshu University/School of Human Sciences/Professor Harmonization and Documentation of International Survey Data on Wellbeing in Seven Asian Countries for Publication 前田忠彦
真鍋一史 青山学院大学/地球社会共生学部/教授 二次分析のための「日本人の国民性」調査データの利用とその問題点の検討及び提案 吉野諒三
伊藤由希子 津田塾大学総合政策学部/准教授 女性活躍に向けたデータのユーザビリティを高める基盤構築 小出哲彰
一藤裕 長崎大学/ICT基盤センター/准教授 観光ビッグデータと統計データを利用した観光客の動線・分布推定に関する研究 小出哲彰
堂免隆浩 一橋大学/大学院社会学研究科/教授 自治体連携型調査システムの開発とその成立条件に関する研究 前田忠彦